禅宗 Zen Buddhism Sect

平安後期に日本へ入ってきた禅宗坐禅して瞑想することにより悟ることができると説きました。

In the end of Heian Era, Zen Buddhism Sect came to Japan, and it told people that meditating while sitting cross legged would enable one to realize the truth of this whole world.

また、臨済宗を開いた栄西公案問答により悟ることができると説きました。

Also, Eisai who started Rinzai Buddhism Sect told people that by asking and answering paradoxical questions, one would be able to realize the truth of this whole world.

そして、鎌倉初期に曹洞宗を開いた道元坐禅に没頭することだけが悟るために必要であると説きました(只管打坐)。

In the early Kamakura Period, Dogen began Soto Buddhism Sect, and he told people that focusing on meditating while sitting cross legged would be the only way to realize the truth of this whole world.

これに対して、鎌倉中期に天台宗の僧の日蓮は、至高の経典であるとする法華経の題目たる「南無妙法蓮華経」と唱えているだけで救われると説きました。

On the other hand, in the mid-Kamakura Period, a Tendai Buddhism Sect bonze, Nichiren told people that they would be salvaged by just reciting the title of the Lotus Sutra which he considered as the ultimate sutra.

浄土仏教 The Pure Land Buddhism

やがて阿弥陀如来によって救われることを端的に説いた浄土宗が平安中期にとても流行りました。

In the mid-Heian Era, the Pure Land Buddhism Sect which simply tells people that Amitabha Tathagata would eventually salvage them became very popular.

また、平安後期には仏僧の法然が「南無阿弥陀仏」と唱え続けているだけで救われると説きました(専修念仏)。

Also, in the late Heian Era, Honen, a bonze told people to just keep reciting, “I believe in Amitabha Tathagata.” so they would be salvaged.

鎌倉初期に法然の弟子の親鸞浄土真宗を開き、真剣に救いを求める者ほど救われる可能性が高くなると説きました(悪人正機説)。

In the early Kamakura Period, Shinran, a Honen’s disciple started the True Pure Land Buddhism Sect, and he told people that the more earnestly ones are seeking to get help, the more likely those are going to be salvaged.

そして、鎌倉中期には一遍が時宗を開き、踊念仏により救われると説きました。

In the middle of Kamakura Period, Ippen began Ji Buddhism Sect, and he told people that they would be salvaged by reciting the sutra while dancing.

鎌倉時代 Kamakura Period

嘗て蝦夷地と呼ばれた東北地方を征服した源頼朝は、朝廷に征夷大将軍に任命するよう要求しました。

Having conquered the northeastern part of Honshu Island, Yoritomo Minamoto requested the dynasty to appoint him Seii Great Shogun.

源頼朝は朝廷の正統な権威づけにより鎌倉幕府に強大な政治権力を持たせようとしていたのに対し、政治権力が朝廷から幕府へ移ってしまうことに反対していた後白河法皇は1192年に薨去されるまでこれを拒み続けていました。

While he wanted Kamakura Bakufu to be legitimately authorized by the dynasty and to have significant political power, Goshirakara Dharma Emperor who was opposing to transfer of the political power from the dynasty to Bakufu had been refusing his request until he demised in 1192.

しかし、後白河法皇薨去されると、朝廷は間もなく源頼朝征夷大将軍に任命しました。

However, as soon as Goshirakara Dharma Emperor demised, the dynasty appointed Yoritomo Minamoto Seii Great Shogun.

こうして鎌倉時代が始まりました。

This was how Kamakura Period started.

藤原泰衡 Yasuhira Fujiwara

藤原泰衡源義経の明渡しを拒み続けたため、1189年に源頼朝は、従わなければ、とんでもない数の大軍で平泉へ攻め入らざるをえなくなると警告しました。

As Yasuhira Fujiwara had been refusing to hand over Yoshitsune Minamoto, Yoritomo Minamoto warned him in 1189 that a prodigious number of troop would have to attack Hiraizumihe unless he complies.

その後、藤原泰衡源頼朝に「500騎の兵で隠れ家を取り囲みましたが、源義経は身柄の引き渡しに応じず、10人の忠臣とともに勇猛果敢に抗戦することを選びました。やがてすべての忠臣を討ち取ると、源義経は最後に自害しました。」と報告しました。

Later, Yasuhira Fujiwara reported him, “Although our 500 mounted-Samurai troops surrounded his hiding place, Yoshitsune Minamoto didn’t give himself up but he and his most loyal 10 vassals rather opted to fight us back bravely.  Once we eventually defeated all his vassals, Yoshitsune Minamoto committed suicide at the end.”.

また、要求された源義経の首も藤原泰衡は証拠として鎌倉へ送りました。

Also, as requested, he sent Yoshitsune Minamoto’s head as the proof to Kamakura.

もっとも、通常1週間以内には届けられる首が1ヶ月ほどかけて届けられてきたため、激しい腐敗によりほぼ本人確認ができないような状態になっていました。

However, since the delivery which generally wouldn’t take a week took about a month, the head was so badly rotten that his identity was almost unverifiable.

そこで、源頼朝は奥州藤原を将来的に鎌倉幕府の脅威となりかねないと判断し、数ヶ月後に28万騎の大軍を平泉に送って奥州藤原を攻め滅ぼしました。

Consequently, Yoritomo Minamoto recognized Oshu Fujiwara as the possible threat to Kamakura Bakufu in future, he sent 280,000 mounted-Samurai troop to Hiraizumi a couple of months later, and he perished Oshu Fujiwara.

藤原秀衡 Hidehira Fujiwara

国内最重要指名手配犯となっていたことを知りつつ藤原秀衡源義経を受け入れ、実の子のように厚遇しました。

Even though Hidehira Fujiwara knew that Yoshitsune Minamoto had become Japan’s most wanted fugitive, he welcomed him and treated him like his real son.

ところが、藤原秀衡源義経が平泉に来た8ヶ月後に亡くなってしまいました。

However, Hidehira Fujiwara passed away 8 months after Yoshitsune Minamoto came to Hiraizumi.

藤原秀衡は死の床で子の藤原泰衡に「源頼朝はいずれ必ず奥州藤原を滅ぼしに来るから、随一の戦の天才である源義経を何としても守りなさい。そして、時機が来たら源義経とともに戦い、奥州藤原を守りなさい。」と伝えたそうです。

When he was about to die, he told his son, Yasuhira Fujiwara, “Yoritomo Minamoto will definitely come to perish Oshu Fujiwara sooner or later, so do whatever it takes to protect Yoshitsune Minamoto, the best war genius.  When the timing is right, fight together with him and protect Oshu Fujiwara.”.

そして、源頼朝藤原泰衡源義経を匿っていたことを突き止めると、源義経を即刻明け渡すよう藤原泰衡に強く求めました。

Once Yoritomo Minamoto found out that Yasuhira Fujiwara had been harboring Yoshitsune Minamoto, he insisted him to promptly hand over Yoshitsune Minamoto.

後のない源義経 Desperate Yoshitsune Minamoto

後がなくなった源義経は、源頼朝を朝敵とするため、源頼朝討伐の勅を発するよう大胆にも後白河法皇を脅しました。

To make Yoritomo Minamoto the dynasty’s enemy, desparate Yoshitsune Minamoto dare threatened Goshirakara Dharma Emperor to issue the order to subjugate him.

ところが、これに憤った源頼朝が都に60,000騎の軍を都に送ったことを聞いた後白河法皇は換わりに源義経討伐の勅を速やかに発しました。

However, hearing that resenting Yoritomo Minamoto sent 60,000 mounted-Samurai troop to the capital, Goshirakara Dharma Emperor immediately issued the order to subjugate Yoshitsune Minamoto instead.

他方、源義経には家臣に与えられる土地がなかったため、僅か200騎しか集められませんでした。

On the other hand, since he didn’t have any land to give to his vassals as rewards, Yoshitsune Minamoto could only gather 200 mounted-Samurai troops.

そこで、源義経源行家は抵抗することを諦め、逃走することを決めました。

So, Yoshitsune Minamoto and Yukiie Minamoto gave up to fight and decided to flight.

源行家は1187年に捕まって処刑されましたが、山伏の格好をしながら逃げ続けた源義経は養育期を過ごした平泉(岩手県)にまで辿り着きました。

While Yukiie Minamoto got caught and executed in 1187, Yoshitsune Minamoto dressed himself like a Yamabushi and managed to reach Hiraizumi (Iwate Prefecture) where he was brought up.

奥州藤原の長であり、養育してもらった藤原秀衡源義経が頼ることのできる最後の希望でした。

The head of Oshu Fujiwara, Hidehira Fujiwara who brought him up was his last hope to depend upon.

試された源義経 Tested Yoshitsune Minamoto

都にいた源行家源頼朝の地位を奪い取って独立国を西日本に建てようと野心を燃やしていました。

Yukiie Minamoto who was in the capital was having an ambition to take over Yoritomo Minamoto’s post and to establish an independent state in West Japan.

それを知っていた源頼朝源行家源義経にその企みに加わるよう説くことを想定していました。

Knowing that, Yoritomo Minamoto anticipated that he would talk Yoshitsune Minamoto into joining his plot.

そして、源義経の本心を試すため、源頼朝源義経源行家の討伐を命じました。

To see how he would respond, he ordered Yoshitsune Minamoto to subjugate Yukiie Minamoto.

源義経は、源行家が病(明らかな仮病)に伏せているため、それが治った後に討伐しに行くと答えました。

Yoshitsune Minamoto replied that he would comply after Yukiie Minamoto recovers from his (obviously bogus) illness.

そのため、源頼朝源行家と弟の源義経の両者の討伐を決めざるをえなくなりました。

Consequently, Yoritomo Minamoto had to make up his mind to subjugate both Yukiie Minamoto and his brother, Yoshitsune Minamoto.